葛飾区体育協会は、スポーツを通して地域社会の環境を浄化し、
区民の体位向上を図り、平和にして楽しい生活のため貢献します。

都民大会結果報告ならびに少林寺拳法連盟区長表敬訪問

8月18日 第69回都民大会結果報告の為、当体育協会腰塚理事長と優勝した少林寺拳法競技男子の監督、コーチ、代表選手が区庁舎を訪ねました。

青木区長、峯岸文教副委員長、筧副区長、久野副区長、塩沢教育長、佐々木議会事務局長、倉地生涯スポーツ課長同席のなかで、腰塚理事長は「今年は残念な成績でしたが来年は加盟団体の参加意識を高める」と反省と目標を語りました。

その後、少林寺拳法連盟から男子優勝4連覇の報告があり、中林会長(監督)からは「エントリーするメンバーを1年前から決めて強化しているが在住在勤のルールがあり、メンバー集めが大変です。」と苦労談がありました。

塩沢教育長からは「連続優勝の秘訣は?」と質問があり、「すべての種目に必ずエントリーすることです。」と力強く答えていました。

区長からは「スポーツ愛好家のすそ野を広げる努力をしてほしい」との話があり少林寺拳法の選手に記念品を手渡されました。

最後に、記念撮影を行い報告会(表敬訪問)は終了しました。
選手たちは、雷のとどろく中わずかな時間ではあったが有意義な時間を過ごせたようでした。


都民大会結果報告をする腰塚理事長(中央)


青木区長、行政関係者との記念撮影


峯岸文教副委員長との記念撮影

2016/08/30